弓場農場

Comunidade Yuba 

 

1935年設立。

 

首都、サンパウロからバスで10時間のところにあり、戦後の移民政策でブラジルに渡った日系移民が作り上げたコミュニティ。

 

約60人の日系ブラジル人が共同生活をし、果樹(グアバ、マンゴー、デコポンなど)、野菜(オクラ、唐辛子など)、稲、養豚、養鶏、牧畜、シイタケの栽培などが行なわれ、いろいろな物を自分たちで作る自給自足の生活が営まれている。

 

弓場農場の思想

「土とともに生きること。感謝すること。芸術することは人間の基本である」

1/3
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic